ぎっくり腰になってしまった!その時どうしたら良いの?|大田区の荏原接骨院(腰痛専門整体)矢口渡駅(蒲田駅隣)~3分

エキテンランキング1位!

電話番号

交通事故のリハビリに自信があります
住所東京都大田区東矢口2丁目14-15 福原ビル1F 矢口渡駅~歩3分
アクセスマップ

ぎっくり腰になってしまった!その時どうしたら良いの?

2016/10/29

ぎっくり腰①

日常生活の中での動作によって腰に激痛が走り動けなくなってしまい、どうしていいのかわからない。
今回はそんなぎっくり腰についてお話しさせて頂きます。



ぎっくり腰とは?

「ぎっくり腰」の画像検索結果

そもそも「ぎっくり腰」って何?

ぎっくり腰とは何かの動作によって急に腰を痛めてしまう急性腰痛のことを言います。
腰の筋肉や骨盤に付いている関節に炎症が起きてしまい、その為に少しの動作でも痛みが出てしまいます。

 

ぎっくり腰の原因は?

腰絵の負担蓄積

それまで痛みがほとんど無く、何かの動作をした時に急に痛みが出ることが多いので、その時に猫背・姿勢矯正腰を悪くしたと思われがちです。
しかし、ぎっくり腰は日頃からの姿勢や動作による腰への負担の蓄積によって起こります。

ぎっくり腰の根本原因とは?

その為、ぎっくり腰根本的な原因は日々の姿勢や動作による骨格・骨盤の歪みなんです。
骨格や骨盤が歪んだ状態で生活をしていると腰の筋肉や関節に負担が蓄積されていき、ある動作をした時に炎症が起きてしまい痛みとして出てきます。

 

ぎっくり腰の治療は?

ソフトな骨盤矯正

アイシング + 骨格・骨盤の歪み矯正

まずは痛みを引き起こしている炎症を抑えるために患部をアイシングで冷やします。
さらに、ぎっくり腰の根本原因である骨格・骨盤の歪みの矯正を行い、腰への負担を軽減させます。
アイシング骨格・骨盤の歪みの矯正をすることで、症状が早く軽減され、その後も同じような症状が出ずらい身体をつくることができます。


ぎっくり腰になってしまったら?

ぎっくり腰になってしまい、どうしていいのかわからない方。
ぎっくり腰を何度も繰り返していてお悩みの方はぜひ、当院(荏原接骨院)にご相談下さい。

 

→ ぎっくり腰のわかりやすいページはこちら


荏原接骨院院長

本記事の文責荏原接骨院

院長 別所道記
柔道整復師(国家資格)
厚生労働省認定 柔道整復師専科教員
上部頸椎カイロプラティック

電話番号

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたにおススメの記事はこちら

料金表

アクセス

東京都大田区東矢口2-14-15 東急多摩川線「矢口渡」駅から徒歩3分
「蒲田」「池上」「蓮沼」「千鳥町」「下丸子」「久が原」「武蔵新田」
「大森」「田園調布」「羽田」「雑色」「六郷」「糀谷」方面からも
多くの患者様にお越しいただいてます。

お気軽にお問い合わせください。

LINE予約

診療時間

地図

頭痛・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症による痛みや痺れの施術を得意としております。お身体の不調がありましたら、お気軽にお電話ください。
また、荏原接骨院では交通事故治療も行っております。
病院などとの併用通院も可能です。