足に痛みや痺れがでれば『坐骨神経痛』!?|大田区の荏原接骨院(腰痛専門整体)矢口渡駅(蒲田駅隣)~3分

エキテンランキング1位!

電話番号

交通事故のリハビリに自信があります
住所東京都大田区東矢口2丁目14-15 福原ビル1F 矢口渡駅~歩3分
アクセスマップ

足に痛みや痺れがでれば『坐骨神経痛』!?

2019/9/13

捻った覚えもないし、ぶつけた覚えもない・・・。2019-03-13_11h28_02
でもお尻や太もも、足に痛みや痺れが出て病院や整形外科に行くと、ほとんどの方が『坐骨神経痛』と診断されます。
そして痛み止めや湿布、牽引治療や電気治療を行ってもなかなか良くならず、当院に来院される患者様が多いです。
問診で症状についてお話を聞くと、だいたい皆さん「坐骨神経痛が原因です。なので坐骨神経痛を治したい。」とお話になります。
でも、実は『坐骨神経痛』は坐骨神経が何かしらの影響で刺激や圧迫を受けて、お尻や太もも、足に痛みや痺れが出る症状の総称で病名ではないんです!!
病院や整形外科さんでは、”原因はなにかわからないけど、足に痛みや痺れが出てるから『坐骨神経痛』になる”と言われているのです。
もっと簡単に言えば、お尻や太もも、足に痛みや痺れが出たら、症状の強さや患部の場所など関係なく、『坐骨神経痛』っていわれているのです。

じゃあなんで『坐骨神経痛』の症状が出ているのか!?
そこがすごく重要なんです。
『坐骨神経痛』だからお尻や太もも、足に痛みや痺れがでているのではなくて、何か根本的な原因があるから、お尻や太もも、足に痛みや痺れでのでる『坐骨神経痛』が引き起こされているのです。
でも病院や整形外科で、そこまで診てくれませんよね・・・。

【坐骨神経痛を引き起こす原因】pelvis01
坐骨神経痛の原因でよく言われるのが、「腰椎ヘルニア」「脊柱菅狭窄症」の腰の骨、腰椎部分で神経を刺激や圧迫をするものや、「梨状筋症候群」と言われるおしりに筋肉で坐骨神経を圧迫するものがあります。
確かにこれらが『坐骨神経痛』を引き起こしているのですが、これも”なぜ「腰椎ヘルニア」や「脊柱菅狭窄症」、「梨状筋症候群」になってしまったのか?”が大事なんです。
つまり、『坐骨神経痛』の原因のさらに原因を見つけて、治療をしなければ、根本からの改善は望めないのです。
ではその”根本の原因はなにか?”というと、日常生活での姿勢や動作、クセによる、骨格・骨盤の歪みです。
この骨格・骨盤の歪みにより、「腰椎ヘルニア」や「脊柱菅狭窄症」、「梨状筋症候群」となり『坐骨神経痛』を引き起こしますし、「腰椎ヘルニア」や「脊柱菅狭窄症」、「梨状筋症候群」とならなくても、骨格・骨盤の歪みだけで『坐骨神経痛』を引き起こします。

【こんなお悩みの方は荏原接骨院へ】
・常に足に痺れがある
・座っているとお尻が痺れてくる
・太ももに痛みや痺れが現れる
・『坐骨神経痛』と診断されたがどこで治療したらいいかわからない
・他の医療機関に通院しているがなかなか改善しない
大田区の荏原接骨院では、『坐骨神経痛』の根本の原因を追求し施術を行っております。
症状の改善はもちろんですが、『坐骨神経痛』の症状が出づらい体にまでしていく事を、目標にしております。
ぜひ『坐骨神経痛』に関することは大田区の荏原接骨院にご相談下さい!!



★ご予約・ご相談はLINE@から★

⬇⬇⬇⬇

友だち追加



荏原接骨院院長

本記事の文責荏原接骨院

院長 別所道記
柔道整復師(国家資格)
厚生労働省認定 柔道整復師専科教員
上部頸椎カイロプラティック

電話番号

スタッフブログ一覧へ戻る

あなたにおススメの記事はこちら

料金表

アクセス

東京都大田区東矢口2-14-15 東急多摩川線「矢口渡」駅から徒歩3分
「蒲田」「池上」「蓮沼」「千鳥町」「下丸子」「久が原」「武蔵新田」
「大森」「田園調布」「羽田」「雑色」「六郷」「糀谷」方面からも
多くの患者様にお越しいただいてます。

お気軽にお問い合わせください。

LINE予約

診療時間

地図

頭痛・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症による痛みや痺れの施術を得意としております。お身体の不調がありましたら、お気軽にお電話ください。
また、荏原接骨院では交通事故治療も行っております。
病院などとの併用通院も可能です。